OGGs(オッグズ)

OGGsプログラムとは

OGGsプログラムとは

多様な国・地域・組織の人々と連携・協働して世界の課題解決に貢献することを目指す北海道大学では、持続可能な社会の実現に資する人材育成のため、インドネシア・タイ(PARE)、ロシア(RJE3)、インド(STSI)の大学と協働し、それぞれの地域における課題をテーマとして、2012年から3つのプログラムを実施してきました。
 2022年4月より、これら各プログラムの特徴を活かしつつ、北海道大学が積極的に取り組んできているサステイナビリティを包括的に学べるように、3つのプログラムを融合してOGGs(One program for Global Goals)という1つのプログラムプログラムを創設しました。OGGsは、北海道大学が策定した「2040年に向けた北海道大学の国際戦略」で掲げている4つの戦略目標のうち、「魅力的な国際協働共修環境の推進」と「サステイナビリティの関連の分野での実践的な貢献」を念頭に置いた大学院特別教育プログラムです。

北海道大学が実施する大学院生向け教育プログラムの中でも、特に大学が戦略的に実施する、全部局の学生を対象とした教育プログラムのことを「大学院特別教育プログラム」と言います。

OGGsのすべての科目は、パートナー大学の学生と共に英語で学ぶことを基本としています。OGGsに参加することは、必然的にパートナー大学の学生と交流することになり、みなさんが必要とする能力を高めて、自分の専門分野の視野や見方に影響を与えます。それが通常の大学院生活では得ることができない付加価値となって、今後の就職や進学するうえで役立つことになると考えています。

プログラムの対象

  1. 北海道大学の各大学院に学ぶ大学院生(修士課程・博士課程)、大学院科目の早期履修制度が認められた学部4年生で本学大学院に進学予定の学生
  2. 北海道大学が協定を結んでいるパートナー大学の大学院生

プログラムの目的

  1. 世界の持続的発展に貢献できるようなトランスファラブル・スキル(課題抽出・解決力、異分野融合展開力、多文化理解力とコミュニケーション力等)を身に付ける。
  2. SDGsに関する知識を修得するとともに、自己の専門性を向上させる。